スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壊れるの前提で生まれたんだ。

もう、鬱になる。
毎回、トーン貼るのが憂鬱なんだ。ねぇ、もうイイですか。真っ白で。ダメですよね。

じゃあ、超久々にx箱360。

オブリビオンでもやって気分転換はかっちゃうのだよーって
すごい前向きじゃない、僕は。久し振り過ぎて操作が分からないけど、意地でも取り説なんか読んでやらねーよ。
こんなんは適当に連打してるうちに覚えるもんなんだ。えいえい、あれ、いきなり剣抜いたぞ。
ちょ・・待て、関係ない人に斬りかかるな。違う、逃げないで、ウチの子は話がしたいだけなんですよ。
衛兵呼ばないで~~っ!で、二・三回、叩き殺されてリャ、もう一人前ですよ。

イイ感じにイベント盛り上がってきて、身も心も神殿騎士になりかけてた刹那
「ブチッ!」

怪音とともに、画面が真っツァオですよ。

オール・ブルー。

「ん?斬新な演出だね」って、固唾をのんで見守ること10分。
ウンともスンとも言いやがらないわけですよ。

えええええーーーっ、嘘、やり直し?三時間の冒険がパーですってよ!
うるさい、こまめにセーブとか興ざめなんだよ、コノヤロウ!勇者がなー、イチイチ・・そんな・・うっ・・。

いいよ、いいよ、怒らない。だって大人だもの。
こうしてる間にも、南極の氷は着実に溶けてるし、世界のあちこちで無為に血が流されてるのに比べたら、どうってことないさ。
さあ。リセットだ。そして、再起動するのだよ。ポチッ・・あれ、つかない?ポチッ・・ポチポチ・・

赤リングやん!!

兄さん、コレ・・完璧イッてまいましたーゆうアレやないですの。
どげぇしょんなら。ちゅーによ、なして今日なんですかいのー。今、どうしても壊れたかったんですか。そうですか・・。

仕方ないな、甘えン坊レディーめ。焦らしてくれるじゃないか、可愛いヤツだぜ。

帰ってきた砂兄に三割増で窮状を訴えて、迅速に福島の工場に送ってもらいました。
でも、そこで衝撃の事実を知らされることに。なんと僕のx箱は修理されても、僕のとこには戻ってはこんのです。
僕のとこには、縁もゆかりもない、どっかの誰かが使っていたx箱の修理されたやつが「貴方の子です」って顔で戻ってくるのだそうです。Photo_3

なんでっ!?

ほいたらやー、僕んちのx子は、どこにやられてしまうん?ホタル、なんですぐ死んでまうン?
やだやだ、僕んちの匂いが染みついたx子を返してーー。せめて、ボディの横に恥ずかしい落書きしてあるの、アレ、なんとかしてから出荷してくださいーー。うおー、いやー、思わぬところで個人情報流出。気付いてー、ノー、気付かないでー。

それより心配だ。ウチに来る新しいx子さんは、よもや前の家で、あんなことやこんなことをされて変なクセがついていたりしないだろうか。
殺人現場とか目撃してて、起動画面にいらぬ霊的アピールとかされたりしないだろうか。

僕は霊感ないから、わからないよ。

悩んでも仕方ないから、渋々トーン貼りに戻ります。

スポンサーサイト

コミケ告知。

Photo_2 ・・と言っても、『耳式』は出ないのですけど。

うむ、その頃は多分コタツでぬくぬくしとるよ。

AT-Xから「しあたんしあたあ」という本が出ます。

耳式は漫画1ページ、イラスト1枚描かせてもらいました。                          

いろんな作家さんとアイディアを出し合って、生まれたこの子。娘のようなものです。               

良い子であるからして、末長く皆ちゃんに可愛がっていただきたいものです。         

                                    東京ビッグサイト西館4階 No.334(企業ブース内)

Atxcomiketbnr_2

あの頃の未来に立っている。

クリスマス景気ですな。

松戸くんだりのヘナチョコ本屋さんにも(・・といっても、オラとこの村じゃ一番デッケェ本屋なんだァ。)まさかの行列ができてたりするわけです。初めて並んだよ、こんな長いの。松戸市は、本屋さんが少ないと言われてるアレな地域なんですが、クリスマスに本をプレゼントしようなんて素敵な人は、たくさんいるわけです。ちょっと感動。ちなみに、僕はウミウシと造園の本を買いましたよ。

さて、クリスマスふっとばして、我が隊は大掃除です。

修理に出したプリンタさんが帰ってくるので、彼の場所を作ってあげなくてはということになったんですね。これには、ちょっと面白い経緯があって。この彼ですね・・古すぎて、もう修理できないということで親元のキャノンさんが最新の型と丸ごと交換してくださって。修理のお値段で新品買えちゃったよ!ヤッホーって僕が喜んでたら、砂兄が「今出てるヤツのちょっと前の型だよ。」って水をさしてくれました。ともかく、これでプリンタは三台になりました。同じのばっかり、三台もか。邪魔過ぎる!

で、そのプリンタ三兄弟を仲良く並べて暮らさせてやろうと、場所をつくっておるのです。仕事場になっている第二基地はグジャグジャであります。それも、砂兄の活躍によって(例によって孤軍奮闘)収束に向かいつつあるのですが。

そしたら、瓦礫の下から昔描いたラクガキの束がドバーッと出てきてしまってですね。

思い出しちゃうわけです、いろいろ。

うっわ、ヘタクソ。超絶ヘタクソ、キモチワルイ絵。・・のくせに、この頃は自信満々で、怖いものなんかなかった。こんなに絵うまいんだから漫画家になる以外ないだろうって信じてて。でも、一途かっていうと決してそうじゃなくて。漠然と、自分には他にもできることがあるんじゃないか、漫画家なんてバクチな人生は生きたくないとか思ってて。言い訳と逃避の繰り返しで、とうとう・・。

あの頃の自分に、なんて言い訳したら良いのだろう・・なんて、ションボリ。

・・・。

・・・・・・・。

・・別に、いいわけも必要ないな。今が、一番好きだよ。

ところで、耳式は来年で三周年を迎えるのです。ようやく三歳ですな!人間の子供に例えるなら、二足歩行も達者になって「ばか」とか「オ○ンチン」とかいっぱしの罵詈雑言も吐けるようになるレベルなわけです。

もっと愛を注いでいただきたい!

「あのアニメの二次創作をやってくだちぃ」とか「アレな女の子がアレする漫画を描いてまんごすちん」とか、活発な御意見が欲しいのですよ。

お話の構成がどうとか、雑な絵が云々とか、そーゆー方面の物申しなら却下だ。耳塞いじゃうもんね。うるさい、何を求めてんだ、俺の漫画に。面白い漫画読みたきゃ、ジャンプ買え。

愛してるぜー、諸兄。2010年もよろしくな

・・っていうか、2010Photo_2 年なのか。モノリスがエウロパに第二の地球をつくっちゃってるはずの時代に生きているんですな、僕らは。

思ってたより科学は進歩しなかったし、僕もまた描いてた未来と全然違う生き方してるけど元気だからオーライだ。

脱肛したよーb

Photo ちゃうちゃう、脱稿。はじめてのお仕事の全貌を、ついに解禁する時がきましたぜ。

AT-Xって、皆、ご存じ?そうか、知ってるか。なら、説明は割愛。

ともかく、冬コミだ。本を買って、僕の素人くさい仕事っぷりを生ぬるい目で嬲ってくれよ。

今日は、お宝映像を大放出。

イラストのボツラフ公開であるよ。割れ目が会社的にNGだそうだ。そりゃ、そうだ。

ちゃんと公序良俗フィルターを通してバッチリ修正した絵が本には載るはずです。

とりあえず僕の仕事は終わりましたが、砂兄はクライアントさんにダメ出しされた部分の修正に頭を悩ませています。

加油!

耳式カウンター
プロフィール

耳式

Author:耳式

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。