スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火ヘンに然るべく。

ちょっと・・さすがに週2でイベントってのは来るなァ・・おうっぷ。

とにもかくにも、コミック1おつかれでした!

おかげさまで「零式」が完売しました^^bパチパチパチ!

昔の絵って見返すと恥ずかしいのですけど、クセというか、味があって、考えさせられたりします。洗練されるのは良いこと・・ばかりでもないんだなという。未完成であるがゆえの熱というか、揺らぎというか。今同じ絵を描けって言われても、すごく難しい。

分かってもらえるかどうか非常に微妙な例えなんですが、僕はジャスティス学園のころのえだやんが大好きです。カプコンの男キャラは皆分かりやすいハッタリかましたマッチョなんですが、えだやんの描く男の子って筋肉が絶妙にエロいなあって。各々が個性を筋肉で主張してるんですよ。顔隠しても、体見れば誰だかわかるんじゃないのかってくらい。アスリートタイプだったり、ガチムチだったり、筋系だったり・・特に鎖骨!って・・なにを熱く語ってるんだ。いや、ゲオで見つけたら即買いしてくれたまいよ、特に女子!絶対、流先輩に惚れるから!

あれ、何の話してたっけ?脱線しすぎて、もうわからんよ。うんとー・・あっ、そうだ。

えーと、十時半頃、「いもうと日和でらっくす」を買って行ってくださった貴方!そう、あなたです!ごめんなさい、ボケッとしてて、おまけのカード渡すの忘れてました><

まさか、あんなに早くお客さん来ると思ってなかったんだよぅ。ごめんよぅ。もし、覚えていて下さったら、またいつかイベント来られた時にでも「カードくれよ」っておっしゃってくだされば、謹んでお渡ししますので;

あと、なんだ。イベントの感想をちょっち。

耳ケットもそうだったんですけど・・あの、欠席が目立ちましたね。耳ケんときは、端っこの良い席が3スペースくらい続けて空いててビックリしました。勿体無いよー!お金もそうだけど、イベントって、やっぱり皆でつくるものなんだよね。いろんなディーラーさんがギッシリ詰まった夢と熱を持ち寄ってひしめきあっているから、お客さんも「良い本ありそうだぞ」って必死に探すっていうね。

大手だけまわって帰っちゃう人が続出するイベントって・・やっぱり、描き手にとっては、すごく寂しいのス。ていうか、テンションさげさげですよ、前の通路を誰も通らないとか。手に取ってもらえたのに、買われずに置かれていったっていうのは自分の責任だと思うし、悔しいから『今度こそは』って思えるんですけど・・見てももらえないっていうのはキツイ。

じゃあ早くシマを抜け出して大手になれよってことなんですが。

流行り廃りをソツなく押さえつつ、即お金になるようなものが描ける器用な性格なら、同人絵描きなんてやってねえよーっつー・・お、逆切れですか。(笑)

そういう意味では、コミティアって本当にすごいなぁー・・と。

まず尋常じゃない出席率、そして、最後までお客さんが会場を回ってるから、店たたむディーラーさんもいないんですよ。コミック1は・・、結構早かった。もう、パタパタと。気持ちわかるんだよね、僕も一冊も売れなかったときは、もう本当に悔しくて哀しくてムカムカしながらそそくさと帰る準備してましたもん。今だって、ちょっと人だかりできてるディーラーさん見ると、俯いて自分の席戻るもん。膝抱えて般若心経唱えてるよ。嘘だけど。

売れたいですかってきかれたら、もちろん売れたいですよ!って即答します。でも、売れるもの描きたいですか?って言われたら、違うって答えるしかない。描きたいものは、別にあるんだから、その気持ちに嘘ついたら本当に描けなくなっちゃう。お金稼ぐだけなら、普通に働いたほうが儲かるよ!(笑)だから、描きたいもの描くしかないんですよ、売れなくても。逆に、アマチュアだからこそ、そんなモラトリアム丸出しの青い選択肢が選べるんですよね。プロだったら例外なく「売れるもの」を描く即戦力が求められると思うし、喰う為には御託並べてる暇も無いわけで。

だから、荒川のイラスト集くれた若いの、そうさ、ユーだよユー!1_2

全然媚びてない削りだしのペンタッチと、描きたいものしか描いてない潔さが男前なユーは、今度はオリジナル描いてティアに出たらいいと思うよー・・って、大きなお世話だな、スマン。(笑)

スポンサーサイト

耳ケットお疲れ様でした^^b

やっぱり、面と向かって応援の言葉とか頂けちゃうと、もう、頑張るしかないよな!・・っていう気持ちにさせられます。今日は珍しく女子にまで褒められたのでテンションが変な感じに上がり気味ですが!!

僕にとって漫画を描くことは、存在証明です。

描いていないと、魂が腐って現実の辛辣さに埋没してしまうダメダメ人間なのです。

「ここにいるよー、生きてるよー!」って、無人島の浜辺で狼煙たいてるようなものです。

貴兄が僕の信号を受け取ってくれたことに最高の感謝を!

そしてまた、今日より更に熱い再会を願って!

Photo ありがとうございました^^b

こくっち先生 ぱーと2

Pict0001_2_2 またまたポストカードを作りました~

みみけっと・COMIC1で本を買ってくれた方に先着でさしあげまーす!

Blog100421

COMIC1の新刊表紙!

『耳式』初期の総集編です。

(グレーテル漫画は今回は入ってません。今度出します。すまぬ。)

「みみたりー弐」ともどもよろしくです。

はう~、来週は忙しいぞ~~

ペンタブさんに夢中人。

どうにも。

描きたい気持ちはあふれているのに、いまいちペンが走らない。

なんか、うまれそうなんだけど、形にならない。

うんうん唸りながら、何回も鉛筆で線を引いては消しての繰り返し。

紙は汚れてくるし腕も疲れてくるし、結局白紙のままだし。

そんなときこそ、電子筆の出番です。

貧乏性な僕は、アナログだと、いまいち紙がもったいなくて練習描きとか

思い切って描き殴ったりできないんですが

電気絵なら、いくら描いても絵具も減らないし、手も汚れないしね。

この手軽さはやみつきになりそう。楽しい。Photo_3

これはね、えー・・あれ、スサノオとツクヨミを描いてみましたよ。Photo_4

酸の海辺にて。

夕焼けより真っ赤な王蟲の眼を、

はるか下に見下ろしながら

私は、疾走しつづけたのです。Photo_5

みみケット新刊完成しましたよ。

51 ただいま、六畳間にて、せっせと製本中であります。

なんとか、今回も間に合っちゃいました、家内制手工業。

そろそろ、オフセットにしたら?という社内意見もチラホラ出ているには出ているのですが。

コピー本には、利点と魅力があふれているので、なかなかやめられません。

たとえばオフセットで、今、耳式が作っているような本をつくろうとすると、べらぼうにお金がかかってしまうんですな。A4サイズで、表紙フルカラー、作品のイメージ毎に中紙やインクの色を変えたり、とかですね。自由に遊べなくなっちゃうんです。耳式の漫画をスミ一色で白い紙に印刷したら、すごく寂しい・・。

じゃあ、スミ一色のA5サイズでも、購買するに値するような、耐えられるようなクオリティをつくれってことなんですな。まだまだ、スミ一色で勝負するには厳しいんじゃないの・・?というのが、現状です。はい、もう・・ね、精進しかありません。こればっかりはね。

次に、締切の問題ですか。コピー本は最悪、イベントの前日まで原稿描くのに粘れるけど、印刷屋さんに頼むとなったら、そうはいきませんよね。やっぱり、こっちの絵と差し替えよう・・とか思っても、原稿送っちゃったあとじゃ無理なわけです。あと、タチキリ線もトンボも無視して、好きなように描きまくってますからね。こんな原稿じゃ、印刷屋さんを困らせますね。

改善する点は改善したうえで、いずれは、オフセットに移行できたら117とか考えています。

やっぱり、プロに製本してもらった本のほうが丈夫だし、虎の穴とかにも置いてもらえるわけですから。あと、製本作業からも解放されるしね。

まぁ・・どうでしょ、まだまだ当分先の話かな。もう暫く、愛をこめて穿ったホチキス本に、お付き合いいただけたら幸いです。

あ、本の紹介してないじゃない!

えーと、二年ぶりに復活しました。なんちゃってミニタリー漫画のアンソロジーです。

例によって茹で過ぎた饂飩のごとき歯ごたえと、耳っ娘たちのウニャウニャした競演を楽しんでくださいませ。

ぐあ、スペース告知も忘れてた!

「いー10」です。はいー

リユニオンが熱い件について。

熊や狼くんと戯れつつ珍しいキノコやお花を探す旅にも飽きたので、神殿騎士を休業中の僕ですよ。またいつの日か、オブリビオンの門を閉じに行きたいと思います。待っていておくれ、シロディールのみなさん。

さて、ジョブチェンジですよ。今度は、やたら元気に走り回るゾンビさん達と愉快に戯れるソルジャーになりますよ。ゾンビさん達の愛情表現が、とにかく激しいのです。出会っていきなり手首つかまれて正面からフレンチキスを求めてきたりですね。待ってください!まずは、交換日記からですよ!エイ!バーン!ヘッドショットで怯んだところにエルボードロップ!

はい、バイオハザード5の話ですね。最近は専ら、オンライン。いろんな人の戦いぶりが面白いです。大別すると、黙々と格闘コンボをつなげているヒトと協力プレイを楽しんでいるヒトって感じですね。コンボ派の人は、基本一匹オオカミですね。一人で戦いたがりますな。回復も自分でやるから、俺に構わずお前は自分の身を守ってろ、みたいな。ちょっとピリピリしてます。緊張します。めっちゃ、手汗かくぞー。

そういうコンボ優先タイプのヒトがパートナーのときは、僕も黙々とタイムボーナスをとるために奔走したり回復薬を調合したり、相手の武器の弾を集めたりして、空になったらコッソリ渡しに行くみたいなサポート役に徹します。で、たまにコンボが切れそうになったら、つなぐ程度で。あんまり離れちゃうとピンチのときに直ぐに助けに行けないので、姿を視認できるくらいの所でポチポチ撃ってますな。以前、パートナーが格闘で倒そうとしているゾンビさんを、僕がショットガンで誤射してしまい、気まずい空気が流れたりしたので。(笑)ちょっとさびしいですが、離れて孤軍奮闘がベストかと。

でも、背中あわせで戦うっていうのもカッコイイ。パートナーがゾンビさんに捕まってるときに素敵に格闘技をきめたり、逆に助けられたりすると、すごく嬉しい。後、自分が死にそうな時、ハーブ持って駆け付けてくれたりとか。優しいパートナーだと、奮起しちゃう。いつもは処刑マジニとが来ると明後日の方向に猛ダッシュする僕ですが、猛然と立ち向かっていったりします。もうね、見せたい!あの時の勇猛さを。大概、無茶しすぎて斧の下敷きになるんですけどね。

効率とか攻略は度外視して、純粋に使っていて楽しいのはレベッ子と無駄に元気なジョッシュ兄ですな。レベ子の格闘技の弱いこと弱いこと。でも、そこがまたイイ!あの小さな体で一生懸命ジャンプパンチ!(でも倒せない)サッカーボールキック!(やっぱり倒せない)催涙スプレー(もちろん倒せない)なんだよぅ、もう、かわいすぎるぞぅ!「いやー来ないでー!」って言いながら火炎放射とか。しかもダブル。存外キツイことするのも、また↑

あと、エクセラさん。パートナーになると、妙な緊張感が。ヒールストンプされてるゾンビさんを見て、『うらやましい』とか秘かに思ったり。今、ここで地べたに転がってみたら、自分も踏んでもらえるだろうかと一考してみたり。

基本、ホストステージで遊びます。チキンなので。ジョインゲームで待機している人のプロフィールとか見ると「150コンボつなげる人しか絡まないで」とか「KYくんな」とか、うーん・・なんていうか・・。

たとえば僕は英語もフランス語も中国語も読めませんから、そういう内容のことが書いてあったとしても、知らずに参加しちゃうんですよ。それで、入ってすぐのエントリー画面で追い出されたりしたら・・泣くね。ていうか、漏らしたね、あん時は。

ちなみに、「加油阿!」は、ガンバっ!って意味らしいよぅ。

ともかく、プロフィール見ると、或る程度の実力は推し図れるじゃないですか。それで、ヘボいけど、コイツと遊んでやってもいいかって思って来てくれた人と遊ぶのが無難かな、と。

まぁ、厭な思いをしたくなかったら一人で遊んどけっていうのが正論なんだけど。Photo

耳式カウンター
プロフィール

耳式

Author:耳式

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。