スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失いながら、それでも、僕らは生きていく。

Photo_2 お仕事告知です。
徳間書店「コミックリュウ」で、連載漫画を始めさせて頂くことになりました。

題名は「ぬこぬこ新撰組」

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

人生に、後悔はつきものです。
だけど「もしも、あの時、ああしてたら・・」なんて考えることほど、不毛なことは無いと思うのです。
あの時は、ああするしかなかった、アレしか出来なかった
でも、今は違う。これからは、そうじゃない。

転んでも起き上がって、失敗してもリトライして。
果て無きロストとゲインを繰り返しつつ、僕らは前に進んでいくしかないわけです。

ですから、「イフ」のお話をするのが、僕は嫌いです。

それでも、今あえて、「もしも、自分の人生で、過去に戻されるとしたら、一番戻されたくない時はいつか」という非生産的な与太話をするなら

僕は、「14歳」と即答します。

皆が話してる、芸能人やポップミュージックには、ちっとも興味がもてない。
不幸な人の悲しい姿を見て、皆は笑う。だけど、僕には、笑えない。何が面白いのかさえ、分からない。

全然分からない。まるで、獣の群れの中にいるようだ。

抗う術も、言葉も、勇気も、何一つ持てずに、持とうともせずに穏やかに死んでいた季節。
一見平和だけど、許しがたいほど堕落していた日々。

「ぬこぬこ新撰組」は、14歳の僕の亡霊への鎮魂歌であり、
かつて14歳だった貴方への、とりとめのないラブソングです。

そして今、14歳という季節の真っ只中を懸命に駆ける貴方には、
「生きてりゃ、とりあえずオッケーじゃん」って、一緒に笑ってあげられたら117って思うのです。

まあ・・長々書きましたが
ユルく楽しんで頂けたら幸いだな~と思いつつ、鋭意制作中です。

スポンサーサイト
耳式カウンター
プロフィール

Author:耳式

カレンダー
01 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。