スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月も、なんとか載ってるよ!ぬこぬこ新撰組第六話


初連載はじまって、早半年・・
なんていうか、もう、毎回、絶望的な気持ちになるです。真っ白な24ページを前に。

なんかもう・・もう・・本当に・・
プロって・・プロって・・すごいんだな・・いろんな意味で・・って唖然としながらも、
もがくもがくもがく。たたけたたけたたけ。

楽しいです、最高に。

楽しいわけねーだろ、コノヤロウ!!だけど、幸せだ。

 

しんどいことなんて、もっとあったもん。
社畜上等やってたころ、一日18時間労働はアタリマーエだったし
20日連続出勤した後の24時間耐久棚卸しで自分の名前をド忘れして、他人のタイムカード押しちゃったりね。
そんで、白み始めた朝の商店街をフラフラ駅目指して歩いてたら、
いつも荷物届けてくれる佐○急便のおじさんに、「おいおい、どした、お前!鼻血やべえぞ」って
指摘されて、サイドミラー覗きこんだら鼻血が本当にすごい量で滴ってて、
シャツもネクタイも真っ赤で、驚きすぎて逆に笑えたよ。
誰とケンカしてきたんだよって、知らねーよ、てか、もう今死んだら100パー会社のせいなんで、
俺のかわりに訴えて下さい!とか。
でも、飛脚便のおっちゃんは、もっとリアルに重いもんしょってたからね。
借金とか借金とか借金とか・・
馬って、魔性なんだね・・みたいな。

 

それに比べたら、ぜんぜん、ヌルい。ヌルリズム。

大体僕は、他力本願なのです。
すべてにおいて、後ろ向き逃げ腰言い訳三昧。
連載の話だって、はじめはビビってチビッて「いやいやいや、無理無理無理、
怖い怖い怖い、マジ怖いす、勘弁っス」・・って、逃げ出そうとした僕の首根っこを
相方がつかんで強引に引き戻して「これ以上もう逃げるところも、失うもんもないだろう」って
横っ面はりたおされて、まさにデッドエンドから始まったのです。

「いつか、いつか、そのうち、きっと」ってありもしない理想をフワフワ追いかけて
あれも足りない、これも足りないって自分に言い訳して、「まだ、そのときじゃない」って。

本当はね、気づいてたんだ、100年たっても漫画家にはなれないって。

勝負しなければ、負けることも無いもんな。負けるの怖いから、いつまでも、戦わないんだ。
臆病で、ズルい。ダッサい。モッサい。
そんな僕が、今日ここに立っていられるのは応援してくれた、あなたのおかげです。
声を出してくれた人にも、影ながら見守ってくれた人にも、心から、お礼を言いたいです。

ありがとう。

これからも、恥をかきさらし垂れ流し生きていきます。Blog121019_4


スポンサーサイト
耳式カウンター
プロフィール

耳式

Author:耳式

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。