スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こくっち先生・イン・サンクリ49。見切り発車編

Blig101015 『耳式』、ついに初のオフセットなのですよ!・・ですが、印刷屋さんに渡す発注書が、まだ手元にある状態なのです。本文印刷の紙で悩んどるの。インクがよく染み込む代わりに、線が太るコミック紙にするか、表面がツルツルピカピカで真っ白で線が潰れにくい代わりに、ベタがムラになりやすい紙と。僕の漫画は、元来、線が細い。多少太ったところで、問題はない・・とは思うんだけど。でも、細い線は、細いまま出てほしいし。どーしよっかなぁー・・とウダウダ。

結局、やってみない事にはね、何事も。失敗して初めて、「こうしなきゃいけなかったんだなー」とか分かるわけで。だから、あんま悩んでても仕方ない。時間も無いことだしな。

ところで、オフセットの編集って、やたら面倒くさいんだな。僕んとこは、データ入稿なんですが、印刷屋さんの出してるフォーマットに原稿のタチキリとか、トンボとか合わせるのが、すごい・もぅ、面倒!あぁぁ、僕は絶対できない。鬱になる!

ていうか、印刷屋さんのパンフ読むのすら、苦痛。皆、よくやってるよね・・偉いよ・・感服するよ・・。まぁ、面倒くさくしてる原因の9割は、僕にあるんですけどね。同人誌規格の原稿用紙使わないで、無地のA4ケントに自分で適当にタチキリ線引いて、めいっぱい好きに描いてるから。ページ毎にチェックしないと、普通に印刷したら絵が切れてしまうとことかあったりして。編集担当の砂兄さんは、毎回毎回文句こぼしつつも、直してくれてたのです・・。ありがとう・・ごめんなさい。しかし、直す気はない。

あの、青い規格線が印刷されてる、便利な同人誌仕様原稿は、なんか・・テンションが下がるんだよ。僕だけでしょうか。あの青い線に合わせた絵を描かなきゃって思ってしまう。無地の紙は、気持ちいい。無限の宇宙が広がっているようだ。光も闇も、僕がゼロからつくるのです。タブーなんか一切ないんだよ!みたいな。

いや、本音を言うと・・小さい絵を描くのが苦手、らしい。漫画描いてる人にしか分からない話で申し訳無いんですが、同人原稿用メモリ付き用紙の、内枠ラインてあるじゃないですか。あれ、狭すぎる。僕は、あれの外枠が内コマの基本のラインです。でもそれで描くと、タチキリのコマばっかになっちゃうよねー・・っていう。断ちトンボまで絵描かれちゃってて、印刷屋さんが困るじゃないか、コノヤローってキレること必至。

うああ、だから、脱稿してもモヤモヤ継続ちう~

なのです。この手にブツが届くまでは、安心できません。モヤモヤするぅー、モヤモヤー。そして、モヤりつつスペース告知ですよ。

ホールB、ウ20a

だそうです。是非遊びに来てモヤモヤーー。

非公開コメント

耳式カウンター
プロフィール

耳式

Author:耳式

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。