スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメさんの話。

最近、すごく気になる人がいます。

晴れた日には、駅二つ分向こうの町にチャリで野菜を買いに行くのですが、その時、必ずと言っていいほど会う不思議な人がいるのです。

静かな集合住宅街のなかにある、さびれた感じのマックの、外のカフェテーブルに一人座っている、その彼は小柄で痩せていて、いつも深緑のジャケットにジーパン。そして、ひどく深刻な顔をして、テーブルの上いっぱいに広げた美少女アニメのグッズを見つめているのです。

カフェテラスっていっても、風雨にさらされて年季の入ったプラテーブル二個しかないし、すっごいショボいし日陰で寒いし、すぐ横を、小学生の団体とか幼稚園のお迎え帰りの若いお母さん達とかが頻繁に通るので、埃がすごいんですよ。はっきり言って、全然落ち着けません。ていうか、そこでハンバーガー食べてる人を見たことがありません。

僕も、袋からネギはみ出させて通りすがるんですけど、その人は深い森の奥で滝に打たれている修行僧のような張りつめたオーラを放ったまま、美少女がでかでかと印刷された等身大ポスターとかクリアファイルを見ています。足を組み、片手をあごの下に添えて、ややうつむき加減に何事か思慮しているのです。

初めて見かけたのは、夏でした。確か、夏も今と同じジャケットでした。もしかして、初代ルパンのファンなのかも・・いや、それはないなー。
そして、周りの人も、誰ひとり振り返るでもなく、その彼も、まるで周りの音がきこえないかのように、丹念に美少女のフィギュアを手に取って眺めていたのです。

僕は、その人に「アニメさん」と名前を付けました。

アニメさんに会うのは、今月に入って三度目です。今日も、よい天気でした。

いつか僕が描いた漫画を見てもらいたいなぁー・・とか思うんですけど。それで、美少女とは、かくあるべし!みたいな話を聞かせてもらいたいなと思ってるんですけど、うーん・・
勇気が出ないなぁ。

Pict0011_2_3 はい、そんなこんなでコミティアですよ、もう。

すっかり恒例のおまけです。いつも通り今回も先着なので、よろしくテレシコワ。

新刊の原稿はもう印刷所に入稿したんだスけど、まだ現物が届いていない状態なので、晴々しく「新刊できたよ!」って言えないのが口惜しい。

出来上がってきたら、また紹介するヌルハチ。

非公開コメント

耳式カウンター
プロフィール

耳式

Author:耳式

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。