スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追いかけると消えてしまうのに、離れると、どこまでもついてくるもの、なぁんだ。

Photo_2

10年ぶりに、デジカメさんを買い換えました。
古い人は、充電部分がバカになってしまったのか、いくら電気食べさせてやっても、すぐに息切れしてしまって、もう撮影には連れて行けないのです。
お勤めご苦労さまでした。でも、なんか、捨てられない。まだ、壊れてないし。画面粗いけど、一応写せるしな・・。むーん・・貧乏性。

はじめて、デジカメを手に入れたときは、これでもう、フィルム残量を気にしないで、いくらでも写真がとれるんだと歓喜したものです。
おまけに動画もとれちゃう!すごい!映画つくれる!パラパラアニメつくれる!ほとんど、野良猫しか撮ってなかったけど。猫カメラ。

新しい人は、より小さくて軽くて、レンズが出たり引っ込んだりする上に、人間の顔を識別する機能まであるらしい。

光が足りなくても、ガシャッとフラッシュたいたりせずに、なんかいい感じに、すっきり撮ってくれるし、手ブレも、即修正。賢いなぁ、エリートだなぁ。おまけに、お安いし。

早速、町のイカしたキャッツ達を撮らせてやろうと、カンカン照りの昼下がりに出て行ったのですが。

あっつい。頭の皿が干からびる通り越してヒビ入りそう。

こんなだから、猫の人たちも、当然いないわけです。失敗したよ~って空見上げたら、そこに、パルテノン神殿が。
おお、すごい。これは撮らねば。でも、電線が多くて無粋だ。

どっか、ひらけたところか高いところに行こう。
急げ急げ、急がないと、風で形が変わってしまう。

ようやく、ベストな広場に来たころには、神殿は、なんかソフトクリームの上の部分みたいな形になっていました。
ああ、こんなことなら、写真におさめようとせずに、しっかり見つめて、心のフィルタに焼き付けとくんだった。バカだなぁ。バカだねぇ。

僕は、何もなくなった空にむかって、目を閉じたまま、シャッターをきりました。

非公開コメント

耳式カウンター
プロフィール

耳式

Author:耳式

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。