スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひっそりほっこり。

「そろ妹」の単行本発売から一週間経ったので、
表紙カバーのデザインに関するちょっとした秘密を、ご紹介させていただきます。

デザイナーさんからいくつかのデザイン案が上がってきた時に
見つけて以来、ずっと話したくてウズウズしてたのです
じ、実はですね…
表紙カバーのあめ子さんの背景に、ちこっ!ちまっ!と配置されてる
アイコンをご覧ください。ちょっと濃い緑の。見つかりました?そう、それです
よく見ると、コントローラーや、ネクタイや、剣、鉛筆、三話で登場する兄のワンコスーツの
ヘッド部分など、物語のキーアイテムを象ってて、とても可愛くてステキだなと思ったのです。

さり気無いけど、実はこれって、なかなか大変な事じゃないかと思うのですよね。

だって、全話に目を通して内容を理解した上で
イメージを集約しモチーフを丁寧にすくいあげてデザインするのですから。
作品に寄り添って作って頂いたんだなと嬉しく感じました。

デザインを担当していただいたKOMEWORKSさん、ありがとうございました!!

非公開コメント

3冊

こんばんわ!どんどんです。
予定通り、とらのあな、ゲーマーズ、COMIC ZINさんそれぞれで購入。
今、私の机の上に3冊「そろ妹」の単行本が並んでおります。
どの特典イラストもいいですね。足フェチな私にとってはゲーマーズさんのイラストなんか特にグッときますね(笑)。しかしこち亀くらいの巻数でこれやられると財政面でもスペース的にもきつくなるのでそんなときにはちょっと考えてください(笑)
耳式さんのお悩みな書き込み?をみて思い出したのがダニング・クルーガー効果ですね。
「能力のない人ほど自信にあふれ、
”本物の実力を持つ人ほど自らの能力に疑いを抱いて悩む”」
この時代、ただ単に可愛くて上手な人なら巷に溢れかえっていますけど、耳式さんの絵はそんな中でも埋没しない”個性”があるのですよ。
言葉では言い表せなくてもどかしいですけど。布団に連れて行って抱っこしたい衝動に駆られるほど可愛い、といえばいいのか(笑)
お話も勢いがあってとっても良い!同人誌の時からこのスタイルですよね。
これでヒットしないはずがない!!
これでだめなら世界が間違っておるのだ!
というテロリスト思考になっちゃうよ。
でわでわ!

No title

本当に三冊も…!
ただ、ただ、ありがとうございます。

特典は、全部集めようとすると本当に大変ですよね。すみません;
多分、大人の事情があるんでしょうね…
「カラーのイラストカードつけますから、ちょっと多く本置いてくださいませんか?」
みたいな感じで営業の人がお願いして、なんとか置いてもらうみたいなね。

同人誌なら、売れなければ、在庫は全部自分が被るだけで済みますが
商業で本を出すということは、大勢の大人が関わっていますから
あんまり、お気楽極楽でいられないというか。

僕の漫画が売れなくて一番困るのは、僕もですけど
本を出してくれた出版社さんなんですよね。
もっと怖いのは、起用してくれた担当編集さんが
編集部でいじめられたり、左遷されたりしないか…なんてビクビク。

それでも、僕や、僕の漫画のキャラクターたちは、すごく幸せ者です。
どんどんさんのコメントを拝見して、改めてそう思いました。
だって、どんどんさん、テロリストって…。
それはまるで、妹を溺愛する超絶過保護なお兄ちゃんとか
娘を庇護する親バカジェットストリームなパパさんのセリフみたいで。
ああ、涙腺が弱くて困ります。どうにも。
本当に、嬉しいです。ありがとうございます。

結局のところ、僕は甘ったれなんです。
漫画家としても勿論未熟だし、社会人として、全然幼いんだろうな。

僕の好きなアニメ監督の「幾原邦彦」さんという方が
「仕事」について、こんなことをおっしゃっていたんです。

仕事というのは、その全てを10としたら
10のことをやって、表に見えるのは1くらい。
1を人に見てもらいたいなら、それを支える9の部分に
挑まないと、絶対何も生まれない。

けれど、若い時は
1の汗をかいたら、1か2のご褒美を返してほしいと思っちゃう。

もう若くない新人の僕は、ゾッとしました。

バッターボックスに、ようやく立てたのに
空振りが怖くて、思いっきりバットを振れない。
ホームランどころか、塁にすら出られない。
観客の野次に意気消沈してベソかいて俯いて。

だけど、僕の応援席からはどんどんさんのように
大きな声でメガホン叩いて声援を送ってくれる人達がいる。

だから、やっぱ、戦わなきゃねって思うんです。
まっすぐピッチャー睨み返して、思いっきりバット振るのです。
それで、空ぶって勢い余って尻もち付くとしても
ちゃんと立ち上がって、泥だらけの背中を、きちんと見ててもらおうって思うのです。

楽しい。

僕は、やっぱり、漫画描いてて
良かった。
耳式カウンター
プロフィール

耳式

Author:耳式

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。