スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒゲ先生と僕と職人魂と。

まず、自信を持ちなさい。

と、先生は言う。僕に一番必要なのは、自分を信じる力なのだという。

それは、困難な現実を肯定し乗り越える力になる。

何が起きても巌のようにドシンと構えて揺らがない信念。

剣の道だけではなく、生き方全てに通じる大切な礎だという。

僕は、ここが貧弱なのだそうだ。

土台がフニャフニャじゃあ、城は建てられないよ、と。そうゆうことらしい。

自分は、これだけは誰にも負けない。

ここだけは、手を抜かない。

ここまでは、頑張れる。貫き通す。やりぬいてみせる。

大切なのは、自分の魂に嘘をつかないこと。恥じるような試合をするなと。

僕が数字の話をしようとするたび、先生はハナクソを飛ばしてくる。

そーゆーのは、0が7つつくレベルの人が心配する話題であって

僕ごときが悪戯に口にすると、不幸な結果しか生まないのだという。

一試合、一試合を全身全霊で戦い抜いてMAXを叩き出せと先生は唾をとばす。

次の試合では、前回のMAXを軽々と、当たり前のように抜いて行く僕になれ、と。

そうやって、僕自身の土台を、しっかり踏み固めていくべきだと。

ボンヤリと、一体どのへんが成功なんだろう・・壁サークル?なんて考えていたけど

どうやら、そんな単純な話でもないらしい。

僕は、なぜ、まだ剣を握っているのか。

これしかないから。これ以外に、まともに振れる得物を持っていないから。

これ振ってる時の、頭真っ白になる感じが好きだ。

動機付けの理由なんか、いくらでも。どーでもいいことだ。

ただ僕は、人生で、ただ一度でもいいから「燃え尽きたぜ」って言える瞬間が欲しい。

ともかく、今は。集中集中。

非公開コメント

耳式カウンター
プロフィール

耳式

Author:耳式

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。