スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミティアに出会っていなかったら。

僕は今頃、マイナス30度の暗い冷凍庫の中で黙々とフォークリフトを動かしていたでしょう。

夢も希望もなく、今日という日が早く過ぎるのをひたすら耐えるだけの。

のっけから重い話で、すまぬ。いや、コミティアをまだ知らない人に簡潔かつ鮮やかにイベントの性質を伝えるには、どげえしょーたらよかね?って、今日のティアアンケートに書かれてたからさー。いつになく真剣に考えちゃったよ。そんくらい、ティアは耳式にとって大切な場所なんです。

ホント、もっと知って欲しい。創ることは生きること。その根幹のエネルギーが、ディーラーにも、お客さんにも溢れていて、こんなに独創的な愛の滾っている創作系イベントは世界広しといえども、ここにしか無いよ!三年後には百回目を迎えるということですが、今より人口も増えて、海外からのディーラー参加も当たり前になるんじゃないかと・・勝手に想像しています。

とにかく、お疲れ様でした!おかげさまで、新刊と「零式」が完売のはこびと相成りました!うへーい、ありがたーう♪そして、貯金0だよ・・明日からまた、シコシコ描きためないとだよ。

今日は良い日だったニャース。「アナログで、イイですね。」と褒められたりね。・・ぷふ、照れるシ。箱と相性悪いんだよ、僕。あいつら、勝手にフリーズしたり、思った通りに選択範囲とってくれなかったりするから、短気な僕とはソリが合わないの。やむなく手描きなんだよ。でも、そんなん言われたら頑張るしかないジャンバン。

あとですねー、かなりの量のスケッチブックを「ごめんなさい」するはめになったのは、心苦しかった。すまん、実はこれには深いわけがあるんだよ、ベイビー。

僕は、頼まれたスケブは絶対断らない人だったのね、昔は。

遠くから買いに来てくれている人や、めったにイベントに参加できない人がいるんだから、断ったらいかんと。でもね、それやってたら、冊数が2ケタになっちゃったりしてね、閉幕するまでずーーっと床に座って絵描いてる事態に。

お客さんの顔が見れないんですよ、これは本当に致命的。お客さんの体温の通ったお金を直に掌に受けとめられるっていうのは、僕にとってはすごく大切なことなんだ。多分、物作る人は皆そうじゃないかって思うんだけど、お客さんの笑顔に支えられてるんだよね。「頑張ってください」とか目を見て言われると、辛かったことも全部吹き飛んじゃう。「ああ、この人のくれた結晶に見合う作品を、次こそはつくろう」って思えるんだ。

だから今は、先着一名なんです。ウホッ。申し訳ない。けど、これも、僕という土に栄養をやるためだと思ってご容赦くだちい。

僕の生んだ妹達が、今夜、貴兄の本棚に置いてもらえる幸せに心から感謝します。Photo

非公開コメント

オッス!オラ、耳式!
オメェに又会えて、オラすっげぇ嬉しいぞ!
ダメだ!真面目にやろう。(今更)
>bunta様
うんにゃ、怒ってないですぞ、猛烈に恥ずかしかっただけだ尿。
先に生きると書いて「先生」ですからね。
先生と呼ばれちゃったら、カッコ悪いとこ見せられないじゃない。
背中だけで、人を引っ張っていかなきゃなんない。
僕は一人じゃ、立ってるのさえ覚束無い人間ですからねー、先生は無ぇな、と。(笑)
うむ、頑張るよ!おおきに!
>どんどん様
お疲れ様です!
いや、三冊のうち一冊は総集編ですからね。
表紙と、ちょっとしたカットを描き起こしただけで。
昔の本持ってる人とかには薦められない代物なんで・・・
おお、鬼姉の話はタイムリーでしたね。妹萌えが主流な耳式ですが、珍しく「姉萌え」に挑戦してみたのス。
美人だけど怖いお姉ちゃんに激しく愛されてみたいなぁ・・という自分の夢を叶えてみたわけナノデ。
あの黒くシナヤカで、狂おしく薄い化繊の中に蠢く爪先って・・なんて淫靡なのかと。
僕の場合、エンジンかかるのに時間かかるし、かかっても直ぐにエンストしたりで、
今後は「いかにニュートラルな精神状態で長時間の作業にむかえるか」ということが、課題になりそうです。
もしくは、最大トルクで一気に片付けるか。
漫画作業って、自分の性格の弱点とかクセとか諸にでて、面白いです。

耳式さま。こんばんわ、ティアお疲れ様。
どんどんです。
この短期間に3連続新刊は何気に凄いですよね。
新刊落としましたー、なとこが多いのに。
作品を見ても感じるのですが、1枚1枚丁寧に、真摯に取り組まれているのがひしひしと感じるのですよね。
絵のかわいさは天才的、だけど努力は惜しまない、
そんな感じがするのです。
読む(見る)ほうも応援したくなるのは当たり前です。ブログからもその辺はよく伝わってきます。
まあ理屈はともかく、かわいいから大好きです!
私の1番好きな作家さんです。
特に今回の新刊にもお姉さんが黒ニーソで来なと言って足を突き出すシーン。
最高です(笑)

ティア、お疲れ様でした。
久々にコメントします。
関西人なので、みみケもコミ1も行けなかったのですが、無事、新刊・既刊ともに購入することができました。
先生(と書いて前回怒られましたが)の同人誌からは、何というか温かさが伝わってくるんです。
うまく言葉にできませんが、癒される感じがするんですね。
絵やストーリーだけではなく、1冊1冊、丁寧に作られているからなんだと思います。
わかったようなことを言って、申しわけございません。
会場でもお伝えしましたが、改めて「これからも、頑張ってください」。
耳式カウンター
プロフィール

耳式

Author:耳式

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。